グリップスホルム城

城の部屋

16世紀にスウェーデンの国防システムの一環として建設されたグリップスホルム城には400年の間集められた

家具調度品や芸術作品が保存されています。

グリップスホルム城は、ルネサンス時代の王、グスタブ・ヴァーサス王の公邸として建設されました。

天井画が描いてある大典儀の間にはグスタブ・ヴァーサ王の全身が描かれている肖像画および同時代のヨーロッパの国々の君主の肖像画が飾られていていまして完成当時の様子がうかがえる部屋ででもあります。

グリップスホルム城で一番有名な「カール公爵の間」は16世紀からの室内調度品がほとんどオリジナルのままで残されています。

欧州列強の一国であった時代

スウェーデンが欧州列強の一国であった時代、グリップスホルム城は、グスタフ2世アドルフの女帝で寡婦になられたマリア・エレノラ女帝とカール10世の女帝で寡婦になられたヘドヴィク・エレノラ女帝がお使いになっていました。

ヘドヴィク・エレノラ女帝は、女帝館などの増築および改築などをされました。

グスタフ三世

18世紀末グスタブ3世の時代がグリップスホルム城の全盛期でルネサンス式の塔に豪華な劇場が建造されました。

この劇場は,ヨーロッパでも数少ない当時のままの形で現存されている劇場です。グスタブ3世の「丸の間」は、グスタブ・ヴァーサ王の時代につくられた大典儀の間に匹敵する部屋で、見学者の皆様、飾られているグスタブ3世と同時代の君主のポートレートをご覧になっていただけます。

国家的雰囲気になった時代

19世紀には国家的な雰囲気が強くなりました。この城は国の記念建造物のように取扱われるようになり国家的雰囲気を強化するために歴史が深くうかがえるような家具調度品や美術品を他の宮殿から搬送してきました。

19世紀末に行われた改築は、意見が賛否に分かれて改築反対者たちによれば改築のし過ぎだともいわれました。

スウェーデン国のポートレートコレクション

初代の王、グスタブ・ヴァーサの時代から現代まで国際的に著名な方々のポートレートも集めてあります。

トップにある写真: グリップスホルム城にある謁見室。

写真: サンナ・アルグス・ティレーン/スウェーデン宮廷

1. グリップスホルム城は、ルネサンス時代の王、グスタブ・ヴァーサ王のために建設されました。 写真: ホーカン・リンド/スウェーデン宮廷

2. 緑の間 写真: サンナ・アルグス・ティレーン/スウェーデン宮廷

3. グスタブ3世の「円の広間」、「白の広間」とも呼ばれています。

写真: ケート・ガーボル

4. スウェーデン国のポートレートコレクション

1.

2.

3.

4.

Visit us

You can walk around Gripsholm Castle yourself, but taking a guided tour can make your visit extra special.

Read more

Dungeons, armouries, canons, a stuffed lion. Hundreds of portraits, following you with their eyes down the winding corridors... bring you...

Read more

Discover more at グリップスホルム城

16世紀にスウェーデンの国防システムの一環として建設されたグリップスホルム城には400年の間集められた 家具調度品や芸術作品が保存されています。

Read more

グスタブ3世の華々しいクリスマスパーティーそしてグスタブ・ヴァーサ王の公邸など王族同志の戦い。剥製にしたライオンをご覧になったらグリップスホルム城では歴史的ドラマがあまり起こらなかった城だとは絶対にいえないでしょう。

Read more

Customer service

Opening hours: Closed

FAQ

More FAQ